【交差しない道標・11】
2017年09月29日 (金) | 編集 |
こちらの話は特殊設定のお話になります。

下記の『彩怜シリーズ概要について』の部分をクリックして、
そちらに明記された記事をお読みの上で
お話へお進みください。
もし、その記事内容に一つでも引っ掛かる事がありましたら
そっとリターンしてくださいませ。
どうぞ 宜しくお願いいたします

彩怜シリーズ概要について



【設定】

未来設定(彩怜シリーズ) ・  オリキャラ有り ・ 原作外設定有り

【注意事項】

こちらの話は彩怜クンシリーズの最初のお話、【最奥の鍵】より
以前の話となります。
なので、陛下は全く出てきません。

更に、捏造も甚だしく。
読む方を選ぶ内容になってます。

何でもOkだとお思いのゲスト様のみ
お進みください。






「村長さん、遅いですね・・・・・・」

僕は、いつまで経っても開くことのない扉を恨めし気に見詰める。
浩大さんは、特に気にする風もなく『そうだね~』と呑気な言葉を紡ぐ。
正直、ここで座ったまま待つこと以外何も出来ないままなのは、気が急いて仕方無い。
しかし、村長さんが現れない事には話は始まらない。

「浩大さん、あの・・・・・・少しだけ聞いてもいいですか?」

僕は声を潜めて、浩大さんに質問を投げかける。

「うん?何??」
「村長さんが来たら、どうするつもりなんですか?」
「あん?まずは村長自身がこのこと関与しているか、探りを入れる。
それで、その結果次第で方針を決める」
「えっ?具体的な救出方法は、決めてないんですか?」
「まぁね~~オレはさ、いつも行き当たりばったりな事が多いからさ」
「・・・・・・」

僕は、それで大丈夫なのか少し不安になる。
それを見た浩大さんは、隣りに座る僕の頭をポンポンと軽く叩きニヤッと笑った。

「でもそれは裏返せば、
柔軟な動きが出来て臨機応変に対応出来るってことなんだからな」
「まぁ、確かにそうですね」
「任せときな!って」
「はい!」

僕が返事をした瞬間、ガチャリと扉が開いた。
その音にビクッと身体が震え、ゴクリと息を飲んだ。

「ああ、お待たせして申し訳なかったね」
「これは村長さん!今日はありがとうございます。
ウチん村の村長が是非に聞いて欲しい事があるって事で、
おいが遣わされたんじゃが聞いてもらえんじゃろうか」

表情をスッと変えた浩大さんは、
先程の訛りの強い話し方で村長さんに話し掛ける。
僕はというと、僕だと気づかれない様にサッと立って、
浩大さんの座る椅子の後ろに隠れた。
そんな僕の様子には全くお構い無しに、
村長さんは応接台の一人掛け椅子に腰をドカッと下ろした。

「ええと、何処の村の村長さんからの話でしょうか?」
「これは失礼しやした。
おいは二つ隣の村のもんだが、知っちょるじゃろうか?」
「二つ隣り・・・・・・ああ、禾生村のもんかな?
そう言えば、先月村長が何かごちゃごちゃ言っておったな・・・その事かいな」
「ああ、そうじゃ!禾生村のもんじゃよ。
ウチの村長が急いじょってな・・・おいがここまで来たんですわ」
「それはご苦労さんなことで・・・」

浩大さん、スゴイです!
有りもしない遣いの話を、こうもあっさりと事実にしてしまうなんて。
これが臨機応変の対応って事なんだ!!

僕は浩大さんの後ろに隠れたまま、感心していた。

「それで、時に村長さん。
ここに来る途中で、小耳の挟んだのじゃが」
「なんの話かな?」
「村長さんの息子さんが、嫁さんを貰うとか?」
「うん?その話を何処で?」
「この村の露店通りの店主からじゃが。
それがホントの事じゃったら、ウチの村の村長に報告しなきゃならん。
ほれ、祝いなんかもあるじゃろうし」
「ああ・・・・・まぁ・・・・・・そうですな・・・・・その話はなぁ・・・・・その・・・まぁ、その内にでも」

村長さんは歯切れ悪く、言葉を濁す。
その様子を浩大さんは表情を変える事無く、伺っている。

「そうかい!そいじゃ、それが本決まりになったら、
おいの村にも知らせてくんさい。祝いをどっさり持ってくるんでな」
「はぁ、そうですね」

村長さんは曖昧な笑みを零す。
そして明後日の方向を見詰め、
無意識に口の中でモゴモゴと言葉にならない言葉を発していた。
それを見た僕は瞬時に確信した。

村長さんは積極的には関与してはいないことを。
これは村長さんの息子さんが起こした事なんだという事を。

「そいじゃ、おいの村の村長から託された事を伝えておきますわ。
実はな・・・溜池の件なんじゃが、おいの村が溜池の水が足りんようになったら、
そちらの村長さんとこの溜池の水を借りたいって事なんじゃ」
「溜池の事かの」
「ヘイ!どう、じゃろうか。
是非にお願いしたいんじゃ」
「・・・・・・・まぁ、それは確かにお互い様なところがあるから。
そちらの村長さんに了解したと伝えてくれんかの」
「そりゃ、願ったりじゃが!!ありがとうございますだ」

浩大さんはスクリと立ち上がって、ニコヤカに笑いつつペコペコとお辞儀をした。
僕も慌てて立つと、浩大さんに習ってお辞儀をした。
村長さんは僕達の様子を見て、もう用は済んだとばかりに椅子から立ち上がった。
そしてすぐさま、応接室を出ようと扉に向かって歩き出した。

その時。
僕の隣に立つ浩大さんが僕の背中をポンッと押してきた。

これは、僕に何か行動を起こせって事だと何となく察した。
僕に頑張れってことなんだ!
そう思った僕は、今まさに扉から出ようとする村長さんの脇をすり抜けて廊下に出て走りだした。

「コラッ!!坊主、何処に行くんじゃ!!!」
「父ちゃん、オレ冒険してくる」

浩大さんの叱り声に呼応して、僕はそう答えた。
僕の動きを予想しては無かったであろう村長さんは、身動き出来ずに固まっていた。
そして少しして思い出した様に、僕が角を曲がり切る前に叫んだ。

「そっちは行っちゃっならん!!!」


それで、確信した。
この先に母さんがいる事を。

母さん、僕が行くから。
待ってて。

僕は走りぬけて、角を曲がり切った。
その先には、ある人物がいた。



続く。





失礼いたしました
2017年09月25日 (月) | 編集 |
一つ前の記事は下げさせて頂きました。

申し訳ございません。
大変失礼いたしました。


瓔悠

誠にありがとうございました。
2017年09月21日 (木) | 編集 |
こんばんは!


今更になりましたが、
今回サークルの方のショップで、私の手持ちの在庫本を出品させていただきましたが、
無事に4冊とも完売になりました。

お申し込み下さいました、ゲスト様
誠にありがとうございました。


そして、今回申し込みをする前に完売だったとおっしゃっるゲスト様。
申し訳ございません。
再販は今は考えておりませんが、ご要望が多ければ一考したいと思いますので・・・。
コチラの記事へのコメントか、下記メールアドレスまでお知らせくださいませ。

yumenoatosaki1207@gmail.com




瓔悠。




一息つきました
2017年09月21日 (木) | 編集 |
こんばんは!!!

また、こちらを放置してました。
あちらのサークルの通販業務と、子ども達の行事ごとに追われてまして・・・。

取りあえず通販の方も前準備も捗りつつ有りまして、
更に子ども達の行事も本日娘が校外キャンプでして、
少しずつ減っていってます。

本日は休みを取っていたので、昼間に用事が終わった後に少しだけオフ本の表・裏表紙作り等をしました。
2冊は最初から作り変えて、結構満足してます。
またその内、コチラにUPしようと思ってます。
しかし、一番最初に頒布したオフ本が自分用も手元に無いので、
表紙を作り直して再販しようと思ってますが・・・。
欲しい方はいるかしら?と少し心配だったりもします。
作ってみたが・・・・・・誰も・・・・何てことも。
ハハハ。
まぁ、自分が欲しいから1冊でもいいのですけれどね~
それが出来る印刷会社さんなので、ホントに助かります!


さてさて。
あちらのサークル誌。
頒布開始の10月1日がもうすぐ来ます。
印刷会社から届くのがとっても楽しみです~~~。
一番に見れるのは、通販業務をしている特典だなぁ~と。

それでは。
今晩は娘がいないので少し寂しく感じつつ、早目に就寝したいと思います。
明日は仕事だしなぁ~~~~。







初日から雨
2017年09月11日 (月) | 編集 |
おはようございます。


本日、月曜日。
今日から中2の息子は、職業体験学習で校区内のパン屋さんへお仕事へ行きます。
息子が働いている所をみたい!!と野次馬根性で仕事帰りに買いに行こうと思ってます。

今日から5日間。
頑張れるかな?
反抗期で、更に甘えた君。
ちゃんと出来るのか?母は結構心配です。

でも、今日は今からお天気下り坂。
雨がかなり降るようで。
自転車で通勤する息子にとっては、初日からツイてない。

まぁ、それも試練だよ。
息子よ。ファイトだぁ~~~





さて、私は・・・。
帰ってきたら、また更新出来ればいいなぁ~。
続き。
色々あるんだよね。
そしてサークル誌の2号の原稿のネタも思い付いたので、
それも書き始めないと。

ネタ出しは専らお風呂場のシャンプー中。
あの時ってシャワーの水の音しかしないから、結構頭が冴えるんです。
ボンヤリ考えられる。
まぁ、でもあのネタは結構ありがちだから、大丈夫かな~とかも思いつつ。

仕事中に考えたいけど、ウチのレジって結構お客さんが途切れない。
せいぜい、今夜の夕飯のメニューをお客さんのレジ籠の中身を見つつ考えるくらい。

う~~ん、書き手の皆様は何処でネタ出しするんだろう?
結構、知りたいんですよね~~


さて、仕事に行く用意を始めますか・・・・・。





瓔悠。