≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

こんばんは。
新学期も始まりようやく一息!と思ってましたが、
学校から持ち帰る大量のお手紙類に悲鳴を上げておりました。

学校に提出の保健関係の書類・教育調査票・家庭訪問の希望日時調査票・
更にはPTA委員の調査票などなどなど。
書いても書いても終わらない。
一体どれだけあるのよ!!
去年も同じモノ出したよね・・去年とほぼ変わらないんですけど。
もうっっ、変更になった項目だけ書いて出してもいいですか?
正直、面倒くさいんです。

はぁ~~~。
溜息を吐き、文句を言いつつ・・・ようやく昨日、提出書類を子供たちに手渡しました。
子ども二人分でもヘトヘトで。
お子さんの多いママさん達、マジで尊敬します。
お疲れ様ですっっ!!

さて、そんな感じでリレー止まっていました。
私のターン。
さてどうしましょうか・・・・・・・・・。

狼さん、頑張って『待て』してください!!!
そして兎さん、忙しすぎてへばらないでくださいね。

それでは、続きをどうぞ。


第6話はコチラから~(この世の春様)






***************


【設定】

本物妃 ・ 原作寄り ・ 夫婦設定

【注意事項】

こちらの作品は、ほんのりとネタバレが出てきますので
ご注意ください。








朝が来た。
昨晩も夕鈴と共寝出来無いままで。
更には、我欲まみれの夢まで見てしまう始末。

これは、大いに問題だ。
このままでは毎夜夕鈴を想い夢を見続け、その夢こそが現実だと錯覚し兼ねない・・・・・。
原因はただ一つ。
『夕鈴不足』がこの事態を招いているのだ。

しかし、夕鈴には自分と共に過ごす時間などないらしく。
寂しいなどという感情も何処かへ飛んでいっている様に見受けられる。

「この状況を打破するために、何とかせねば・・・。
それには、まずは夕鈴との接点をもっと持つべきで。
あれくらいで足りないのであれば、何をすればいいのであろうか」

黎翔は起き上がりながら独り言をブツブツと呟く。
しかしここには誰もおらず、返答はおろか相槌すらも聞こえてくることは無かった。


***********

「さぁ、今日は紅珠と筝の稽古からだったわね。
張り切っていくとしましょうか!」

昨晩も早目の就寝をしたことから、夕鈴の体調は万全でやる気も漲っていた。

今日こそは、演奏曲を全て通して弾ける所まで持っていく!!

夕鈴は、今日の目標を心の中で唱える。
まだ一度も通しでは最後まで演奏出来ておらず、
自分の不甲斐なさに辟易していたのだ。
わざわざここまで足を運んでくれている紅珠の為にも、
そろそろ自分一人で練習出来るくらいになりたい。

「お妃様、そろそろ氾家の紅珠様がお着きになる刻限でございます」

手前の居間から、侍女が自分を呼ぶ声が聞こえてくる。
その声に導かれて、夕鈴は背筋がピンと張っていくのを感じていた。

「そうですね、分かりました。
今から参りますので、少しお待ちくださいね」

柔らかい声で答えると、夕鈴はお妃然とした顔つきに変化した。


紅珠との練習場所はその日の気候や気分によって変えられており、
今日は天気も良い事から後宮の庭園で執り行われることになっていた。
夕鈴は、淑やかな歩みで指定された練習場所へと向かう。
視線の先に紅珠が見えて来た。

流石に高位の家柄のご息女であるだけあって、
椅子に腰掛けているだけなのに気品が溢れ出ている。
姿勢良く腰掛けたまま、微動だにしていない。

「紅・・・・・・」

近づきながら声を掛けようとして、夕鈴は自分の言葉を飲み込んだ。

だって、そこにはここに居るはずの無い・・・いや、居てはいけない人物の後ろ姿が見えてきたのだから。
自分の歩く傍脇にあるこんもりとした樹木で遠目からは見えなかったから、
気付くのがこんなに近づいいてからになってしまったのだが。

「えっ?!へっ!・・・・どうして、ここに?」

自分が今、どんな言語を発しているのか?夕鈴は一瞬分からなくなっていた。
そして、自分の視線の先の紅珠は、小刻みに震えている。

そう、紅珠は優雅に腰掛けいたのではない。
目の前の人物に恐れおののて、身動き一つ出来なかったのだ。

「・・・・・・・・・・どうして、ここにいらっしゃるのですか、陛下?」
「夕鈴、そなたの筝の演奏を聴きに来たのだが」
「それは、とても嬉しゅうございますが・・・・・。
ただ、まだ私の演奏は未熟ゆえに陛下のお聴かせ出来るものでは到底ありません。
大変申し訳無いのですけれど、ここはお引き取り頂きたく・・・・」

言葉こそ丁寧ではあるものの、夕鈴の言は黎翔を邪魔者扱いしているのである。
その間の夕鈴と黎翔のやり取りを、紅珠は固まったまま聞いているだけだった。
背中に冷や汗を流しながら・・・・・・。

これで黎翔は立ち去ってくれるだろうを夕鈴は思っていた。
ところが、いい所でお預けを食らいおかしな夢まで見てしまっている黎翔が引くことは無く、食い下がってくる。

「いや、出来ている所までで構わぬ」

はい?陛下・・・・・・これじゃあ練習にならないんですけど!!

夕鈴は、ジト目で黎翔を牽制する。
宴まで少しの時間も無駄には出来ない夕鈴にとっては、
今こうして繰り広げている黎翔とのやり取りすらも時間的に惜しいのだ。

しかし、黎翔は引かない。
そんな黎翔を見て、夕鈴は言葉にはせずにただ微笑む。
それは優雅な笑みとはかけ離れたモノで・・・・・黎翔もそれに対抗するかの様に、嫣然な笑みを浮かべた。

長く続く攻防かと思われたその時―――。
ある人物の言で、呆気なく終わりを告げた。

「あの・・・・・お妃様。
大変申し訳ございませんが、私・・・・少し体調が優れなくなって参りました。
お稽古は、本日お休みにさせて頂きたく」
「えっ?紅珠、大丈夫ですか?」
「ええ、邸宅で休めば明日には回復致します故・・・・。
お妃様のご心配は、大変嬉しいのですが」
「そう・・・・・・分かりました。それでは明日に致しましょう。
紅珠、ゆっくりと休んでくださいね」
「はい、有り難うございます」

紅珠の顔色は、青白く。
身体は小刻みに震えている。
表情は強張っていながら、儚い笑顔で夕鈴にお礼を言う。

夕鈴はそんな紅珠に申し訳ないという気持ちで、
侍女に紅珠の邸宅まで無事に送り届ける様にお願いをした。

そして、庭園に残ったのは―――黎翔と夕鈴のみ。

「ゆーりん、僕に演奏聴か「もうっっ!陛下、邪魔しないでください!!
私には時間が無いと言うのに!!!」
「だって~~~~夕鈴ともう何日も共寝すらもしていないんだよ」
「そんなのは、理由になんてなりません!
今日は通しで演奏出来る様になりたかったのに!!
陛下なんて、知りません!!!お早く、政務へ行って下さい!!!!」

畳みかける様に言葉を放つ夕鈴。
そしてギロッと黎翔を睨みつけると、その場からさっさと立ち去った。
唖然とした黎翔は、その場でしばし夕鈴の立ち去った先を見詰めていた。


立ち去った夕鈴が向かった先――――それは、この事態をどうにかしてくれるであろう人物だった。
しかし、これが後に大騒動になるとは、この時の夕鈴は知る由も無かった。



続きます。














関連記事
スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~コメント有り難うございました
返信が遅くなりまして、申し訳ありません


ボナ様も同じなのですね~~
同士!だぁ~~。
ホントに、どうして新学期・新学年ってこうもバタバタするんでしょうか。
買うモノも・・・突然夜になって言い出したり・・・。

嫌になってきます。




さぁ、この続き。
楽しみですよね~~
少し滞ってますので気長にお待ちいただけましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします


この記事へコメントする















瓔悠

Author:瓔悠

現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -