すれ違いの向こうには・5(完)
2016年05月09日 (月) | 編集 |
こんにちは!!!

この話も最終回となってしまいました。
書いている私達だけが楽しいと言う、とんでもな内容でございますが。

GWも終わってしまいました。
仕事なのですが・・・・・・・・・・・・・・・訳あって、辞められませんでした。
ホントに世の中は、ままならないことばかりです。

ならば、ここくらいは
私の思い通りにしたいもんです!!!!


では、続きいきますよ~~~



****************


【LaLa6月号第81話ネタバレSS 】
《すれ違いの向こうには 5 夕鈴》










「うそっっ」

目の前の現象に、まず漏れた一言はこれだった。
それ以外、紡ぎ出す言葉が私には思いつかなかった。
だって、ここは・・・・・・・なのだから。
いるはずのない人を見れば、誰だって言葉を失うはず。

私が大きなため息を吐き出したのは、仕方のないことだと・・・・思う。


*********


これよりも、かなり前。
今日も今日とて、親善交流!と息巻いて、朝も早くから自室を後にした。

「今日は、朱音姫に何をしてあげようかしら?
花で四阿を飾って、お茶会でもいいし、他には・・・・・。
後宮の収蔵書館は素晴らしいから、案内するのもいいわね」

兎に角、朱音姫をここでお預かりをしている以上、キチッとおもてなしはしないといけない。
姫の好みはよく分からないけれど、私で出来ることはして差し上げたい。

始めのあの敵対心と猜疑心は何処へやら。
すっかり姫に親近感を持ってしまった夕鈴のもてなしに、
木の上から警護する浩大は夕鈴のお人好しさ加減が面白くて堪らない。

「あんなに張り切っちゃってさ~~良く頑張るよ、お妃ちゃんは。
でもさ、あれがへーかの不機嫌に繋がっているなんて、
思いも寄らないんだろうなぁ~~。
まぁ・・・らしいちゃ、らしんだけどね」

浩大の脳内には、お腹を空かせた狼の姿が映し出される。
それをフフフと嗤いながら、浩大は文字通り高みの見物を楽しんでいた。


「おはようございます、朱音姫」

姫を匿っている部屋の入口で姫を呼んでみるものの、
中から返事は聞こえてこない。

いるはずの人がいないとなると、すごく心配になる。
だって、姫は自国の随行者に命を狙われているのだし。
だからこそ、ここにいてもらっているのだから。

「あの・・・・・姫、私です・・・夕鈴です。
いらっしゃいませんか?」

再度呼び掛けてはみるが、やはり部屋は静まり返ったままで返事は無い。

「入ります・・・・よ」

私はこれがあまり良いことでは無いことを知りつつも、入って行った。
部屋の中はもぬけの殻だった。
姫はおろか、侍女さんたちの姿も見当たらない。

「え、え~~~~何処に行ったの????」

私はアチコチ姫の行き先に通ずる痕跡が無いか、丁寧に探してみた。
けれど、そんなものは居間の何処にも無くて。
最後の場所・・・・・・・寝所へと足を踏み入れた。

「姫~~~~~いませんか?」

寝台の上に、きちんと畳まれた肩掛けがあった。
それは昨日、湯殿上がりに夕鈴が朱音姫に湯冷めしないように掛けたもの。
その上には、1枚の書が置いてあった。

流れるような筆跡。
恐らく朱音姫の手。

夕鈴は手に取って、流れるような文字を目で追った。

『夕鈴妃、ちょっと散歩に出てきます』

・・・・散歩?何処へ?
夕鈴は首を捻りながら、朱音姫を追うべく部屋を後にした。

もうっっ!!!
命を狙われているのに~~勝手に出歩いたりしたら、大変じゃないのっっ!!

夕鈴は朱音姫を追う―――。

花の咲き乱れる四阿。
水の流れる庭園。
静かな池。

しかし、何処へ行っても姫にはたどり着かない。
何となく痕跡はあるものの、姿を捉えることは出来なかった。


「はぁ~~~今日は中々、姫には会えないわね。
こうなったら、後は湯殿で姫と花湯でも楽しむとしましょうか。
散歩に出ているのなら、きっと湯殿をお使いになりたいでしょうから」

夕鈴は諦めて、後宮の自室へと戻って侍女に花湯の手配を頼む。
それまで特にすることも無く、手持ち無沙汰になってしまった。
気が付けば、長椅子でうつらうつらしてしまっていた。

どれくらい経ったのだろうか・・・・・。
自分を呼ぶ声で夕鈴は目を覚ました。

「お妃様、花湯のご用意が整いました。
どうぞ、湯殿へ」
「では、朱音姫をお誘いに参りますわ」
「・・・それには及びません」
「???」
「私どもが、お呼びして参ります。
どうぞ、お妃様はお早く、湯殿へ」

侍女達は、殊更に夕鈴を早急に湯殿へと誘う。
それをいぶかしみつつも、言われた通り湯殿へと足を向けた。


そして、有り得ない光景を目の当たりにする。




【夕鈴side 完】


続きは・・・・・
『この世の春』様《すれ違いの向こうには 5 黎翔》へ















関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
えっ!(;゚Д゚)! お仕事やめられなかったんですか!
なんだかとっても精神的にきつそうだったのに…もしかして少し前の日記で言ってたのはこのことですか?
うーん、、、ストレスたまりそうですが、ここで存分に吐き出して下さい。日参して応援することしか出来ませんが、少しでも環境がよくなることを願ってます。
2016/05/09(月) 21:24:20 | URL | まるねこ #-[ 編集]
こんばんは^^

連載お疲れ様でした。
大変な中のUP、嬉しく思います。

先日は遅くにごめんねありがとう!
少しでもお話聞けてよかったです。
気持や精神的に落ち着いたら日記でも何でもいいのでお知らせくださいね^^

いつでも待ってますよ~♪
2016/05/09(月) 23:12:20 | URL | ママ #-[ 編集]
まるねこ様

こんばんは~コメント有り難うございます
返信が遅くなりまして、申し訳ありません

仕事・・・・・当初辞める時期が延期だったはずなんですが、
今現在は・・・もう辞めることすら無かったことになってます。

どうなっているのやら。
はぁ~~~。
それでも先月・今月はいつもの月よりも出勤日が少なったので
まだいいですけど。
来月からは、まともな出勤になります。
辞めるのはホントに幻だったようです。


・・・・・またここでストレス吐き出しますね。
またご訪問頂けるのをお待ちしております。

応援、有り難うございます
2016/06/13(月) 21:22:06 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
ママ様

こんばんは~コメント有り難うございます
返信が遅くなりまして、申し訳ありません


ホント、このリレーSS企画。
楽しくって。
終わるのが勿体無くて・・・・。

楽しく書けるのって、ホントいいよなぁ~~と。
またこんな楽しい企画をしたいと思いつつ。


いつも応援、有り難うございます~~
頑張るんるん。

2016/06/13(月) 21:24:29 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する