≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【設定】 

現パロ設定  ・ 恋人未満

【注意事項】

こちらの作品は【アリスの口づけ】とは、
全く違う設定の現パロとなっております。

二人が出会い、そして繋がり結びゆく展開を
お楽しみいただけましたら幸いです。







「これなんてどう??」

女性が渡してくれたのは、桃色のミニスカドレス。
ネックラインに白パールが可愛くあしらわれていて、半袖口はフリルになっている。
生地質もシフォン素材でフワフワしてて軽い。

「可愛いですね」
「着てみてくれるかしら??」

手渡されて、試着室に通される。
着てみると、さらりとして着心地はすごくいい。

「どう・・・・でしょうか??」

おずおずと出てくると、そこにはキラキラ目をした女性がいた。

「いいわ!!!うん、すごくいい~~~もう可愛くって!!!ねぇ、社長!!」
「いい感じだな」

いつの間にか入って来ていた社長が、満足げな視線を送っていた。

は、はずかしい~~~~~。
何だか裸にされているみたい。

「これ、もらうぞ!!!」
「はい、有難うございます」

そう言うと、すかさず当然のように社長は私の手を取り、
このままスタスタ出ていこうとする。

「あの、このままなんですか??」
「勿論!!!君の綺麗さを周りの奴らに見せびらかしたんだ」
「いや、でもそれはマズいですよ!!」
「どうしてだ???私が『このままでいい』と言っているのだから、君は大人しく従うんだ!!」
「ええ~~~~~~~~」

私の意見なんて全然聞き入れてはもらえず、そのまま連れ去られた。

強引過ぎる。
こんな扱いをされた経験なんて無いから戸惑うばかりで。
初っ端からこんな感じで大丈夫なのって、不安が募る。
私は人知れず、大きな嘆息を吐き出した。

夜にはパーティという初めての大仕事。
こんな事で無事に終わるのかしら???

ただただ不安しか無くて・・・・・・私は、憎らしいほどの青空を見上げていた。


「さて、時間もまだあることだし、何処に行きたい?」
「私の行きたい所は一つだけですっ」
「ほぅ、それは何処だ?」
「更衣室、だけです!!」
「更衣室?」
「はい・・・・こんな格好で外を歩くのは、正直言って恥ずかしいので」
「こんなに可愛いのに?」
「・・・・・・・」

私は、真っ赤になって黙り込んだ。

可愛い?
私が?

そんな事、今まで言われたことなんて無いっっ!!
幼馴染の几鍔なんて『お前ってさ、格好から所帯じみているから彼氏の一人もいないんだよ!』って、バカにされ通しだし。
そんな直球で言われると、面食らってどうしていいのか返答に困る。

「私は十人並みの容姿なので、いくら着飾っても可愛くなんてなれませんから」
「そんな事は無いっっ!!」

急に大きな声が聞こえてきたから、ビックリして声が出なかった。

「だって・・・・私、そんな風に言われたことなんてありません」
「それは、周りの男どもの見る目が無いだけだ。
君は十分に魅力的だよ」

揶揄われてるって思った。
こんな素敵な大人の男性だよ。
ちっぽけな女子高校生に言う台詞じゃない事くらい、私だって分かる。

「とにかく、着替えたいです」

私は、ただただそれしか言えなかった。





続。




関連記事
スポンサーサイト


黎翔さんの言葉すべてスルーされちゃって(笑)
さて、こんな夕鈴をこの格好のままどうやって納得させるか、黎翔さんの腕の見せ所?
それとも夕鈴に押し切られて、更衣室へれっつごー?

朝早くに買い物に行こうと思ってたのに・・・ついついサボって今に至る。
しかも、今日は日曜日じゃん・・。人出が多そう。
うー・・・今日は家にあるもので我慢してもらうか、買いに行く?面倒。
そして二時間後には町の用事で公民館へ。ほんと面倒よ。
二時間以内に下ごしらえが出来るものなんて今の我が家には何も無いというのに・・。
え?二時間もあれば余裕だと皆様は言われるのですか・・?
手際が宜しいのですね・・・。
え、コメなんてしてるから時間が無いんだと?そうです。でもコメは必要な時間なんです。私の心の支えなんです~←もう勝手にして

よゆりん、今日はゆっくりできた?
またお時間あるとき、体調が良くなったらモシモシでもしようね^^
瓔悠さん、こんにちは\(^o^)/
続き〜!

夕鈴、どんな顔して着替えたいって言ってるのかな‥揶揄ってないのにな‥
悲しそうな顔してなかったらいいな♡



昨日の4時‥眠くて眠くて、寝たい。。。
《パパ〜‥パチンコ行かんの?》
《どうしよっかなぁと思ってる》
《夕飯までまだまだだよー?》
《じゃあ行ってこっかぁ》
《うん!じゃあ私寝るね♡おやすみ!》

あー6時半、帰宅したボーイズに起こされました。母さん、寝すぎーってね((((;゚Д゚)))))))

こんばんは!コメント有り難うございます
返信お待たせしました!!


こちらの話の途中から、前に載せていたものから少しだけ進みました。
でも実は私・・・・終着点は決めてないんです。
なので、どうなるか?は私も分かりませんのよ・・・ホホホ。
まぁ、いつもの事だけどね~~


こんばんは~コメント有り難うございます
返信お待たせしました!!


続きですよ~~
ここから、前に載せていた部分から進んでます。
さぁ~どうなる??

夕鈴の気持ちを、社長は汲んでくれるのか??
恥ずかしがってる夕鈴に対して!どうする?

続きは・・・・こうご期待っっ!!!
(って、いつ書けるのかは・・・あははは)


この記事へコメントする















瓔悠

Author:瓔悠

現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。