【肖像画が語るモノ・7】
2016年03月29日 (火) | 編集 |
【設定】

夫婦設定 ・ 原作寄り

【注意事項】

こちらのお話は、青慎からみた視点で描かれてます。
更に、ほんの少しですがオリキャラ出てきます。

前ブログにて連載していたものですので、
現在の夕鈴と陛下の関係性とはちょっと違います。
かなりの捏造入ってますので、それを了承の上お読みくださいませ。

結婚式の様子は色々なものを参考にしておりますが、
捏造部分がありますのでお気をつけ下さい。






「では・・・・・李翔さん、お連れ下さいませ」

黎翔へそう告げると夕鈴は差し出された掌にそっと手を乗せ、
はにかみながらニッコリと微笑んだ。

会場は直ぐそこだが、黎翔はそこへと続く廊下を夕鈴に合わせてゆっくり歩いて行く。
隣に並ぶ大切な宝物を導きながら・・・・・。

これが幸せって事なんだろうな。
夕鈴に出逢わなければ、恐らく政治的に利用するだけの妃を迎えて適当に式典をして何となく生活する・・・・そんな事になっていたんだろう。
こうして夕鈴と並んで歩いていける事は、きっと天が与えてくれた奇跡ともいうべきものか・・・。


黎翔はぼんやりと考えを巡らせながら、会場の扉に手を掛けて思いっきり開けた。

「おめでとう!!!」
「夕鈴ちゃん、お幸せに」
「とってもキレイだよ~」

照明効果でうす暗くしている会場内からは、
割れんばかりに響く拍手。
そして、あちこちから聞こえてくる感嘆の声とお祝いの言葉。

その拍手の渦の中を二人はゆっくりと前に進む。
すると、中ごろに赤い服を着ている女の子が待機していた。
女の子は夕鈴の隣に立つと、そのまま付き添う形で夕鈴の手を引いて前方の祭壇まで一歩一歩確実に歩いて行った。

辿り着いた祭壇脇には神官が控えており、二人に向かって声高らかにまずは一言目を発声した。

「一拝天地!」

神官の声は朗々としていて、会場内にキリッと引き締まった空気が流れる。
黎翔と夕鈴はその声と同時に地面にひざまずいて天地の神を拝み、いったん起立をした。

その姿を確認した神官は、続けて言葉を発す。

「二拝高堂!!」

今度は二人で花嫁の父に向かって再びひざまずいて、父を拝み再び起立した。
神官は軽く頷くと、先よりも更に大きな声を喉の奥から出した。

「夫婦対拝!!!」

神官の声に合わせて二人は互いに向かい合ってひざまずきお互いを拝み、
更に参列者に向かって丁寧に、そして深々と拝礼をした。

それらが終り、付き添いの女の子が真ん中で結ばれた紅い布の帯を持参した事を確認した神官が、声高く宣言する。

「同心結成双、因愛万年長!!!(二つの心が一つに結ばれ、愛情は永遠に続く)」

それは二人への成婚宣言だった。
夕鈴は気恥ずかしげに、しかし幸せをかみしめる様に黎翔へと微笑んだ。
その笑みは、黎翔が今まで見た中でも一、二位くらいの極上の笑みだった。

そして女の子から受け取った紅色の布帯の両端を二人で持つと、そのまま祭壇へと丁寧に奉納した。
これで滞りなく、儀式は一旦終了となり女の子は下がって行った。
代わりに神官から二つの酒盃を手渡され黎翔と夕鈴はお互いに酒盃を右手に持って、
お互いの肘を交差させて腕を組むようにして祝杯をあげた。

「夕鈴・・・ここで飲む結婚の酒盃は本当に苦く甘いものではないから、
少しだけ口を付ければ大丈夫だよ」

やっと終るという安堵感と黎翔の優しさに触れ夕鈴の薄茶色の瞳は気が付けばうっすらと涙が浮かんでおり、それを目ざとく見つけた黎翔は下げていた左手で拭った。

そんな義兄の優しさを間のあたりにした僕は父さんが心配していた事なんか些末な事で、
この先の事は全て義兄さんに任せておいて大丈夫だし、
姉さんはきっと大切にされて幸せになれると・・・・そう確信した。





続。




***********


今日、やっとコメント返信しました~~
どれだけ溜め込んでいたんだよ・・・って思うほどで。
本当にスミマセンでした~~。
でもコメントは書く気力を頂ける、私にとっては栄養源です。
ホントにいつも有り難うございます~~~~

さて、こちらの話、後1話程度なのですが。
この先の話を少し書き加えたいと思いますので、
もう少しだけお付き合い下さいませ。


瓔悠。





関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは(^^)
今日も更新されてて嬉しいです♪
コメントの返信もしてくださってダブルで嬉しいです(≧∇≦)
陛下と夕鈴の幸せそうな光景が目に浮かぶようです。
陛下に愛されてる夕鈴を見たらみんな納得ですよね(*^o^*)
うんうん、浮気なんかするわけがないって!
また続きもお待ちしてまーす
2016/03/29(火) 21:35:09 | URL | まるねこ #-[ 編集]
なんか...しみじみいいですねえ。
陛下が優しいし、夕鈴幸せそう。

なんだか一緒に結婚式に参加している気になりました。
いま青慎の気分です。

続きも、お待ちしてます。(#^.^#)
2016/04/02(土) 08:54:51 | URL | けい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック