【白昼夢・・・?!】
2010年05月11日 (火) | 編集 |
【設定】 

臨時妃 ・ 原作寄り

【注意事項】

前々ブログ『遥か悠遠の朱空へ』からの再録です。






「夕鈴はさ、罪作りだよね」
「はい??」

何の気なしに、切り出された言葉に目を見開きギョッとする。
暑い最中の昼下がり。

汗が背中を伝い、額に滲む汗。
少しでも涼める様にと、小川のせせらぎが聞こえてくる四阿でのお茶時間。

「陛下・・・・いきなり何を言うんですか??」
「いや、思っている事を口に出しただけなんだけど」
「私が何かしましたか?」
「・・・・・・・そういうとこだよ」
「???」

全くわからないとでも言う様に、夕鈴は小首を傾げる。

そんな仕草が可愛い。
でもそんな事言っても、きっと僕の真意はわからないだろう。
そして、その奥に秘められた僕の想いさえも。
きっと・・・・・。


*********


その時。
辺りが急に暗くなり。
空が一瞬光りに包まれ、轟音と共に稲光が走る。

「夕鈴・・・・一雨くるみたいだよ!早く戻ろう」

身動き一つしない夕鈴の手を引く。
今の稲光が恐かっただろうか?

「ほら、夕鈴!!!」
「・・・・・・・」

夕鈴がノロノロ顔を上げて、僕を見詰める。
その瞳は・・・・何処か違和感が。

「陛下・・・・・・抱いて連れて行って下さいまし」
「???夕鈴、どうかしたの?」
「ダメですか?」

見詰める薄茶の瞳からは、優艶な色が出ている。

違う・・・・いつもの夕鈴じゃない!!!
これは、一体・・・・。

「いいの?本当に」
「はい・・・陛下」

頬を染め、両手を差し伸べる夕鈴。
僕は・・・・・いつもの夕鈴ではないと、わかっていながら抗えず。
その両手を取って抱き上げた。

柔らかい身体。
そして、髪から薫る芳香。
クラクラしてくる。
夢見心地の様にウットリし潤む瞳は、僕の理性を破壊してしまいそうで。
僕は頭を振って、邪念を払う。

「じゃあ、戻るからね」
「・・・・・もう戻るのですか?」

つまらなそうに、拗ねる表情をする。

君は、僕の理性を試しているのかい??

何だか、罠の様な気さえしてくる。
でも・・・それでも・・・今の状況は悪くない。


四阿の外は、稲光が絶えず光っている。
その轟音も段々と近くなって来ている。

「夕鈴・・・ここは危ないから」

そう告げると、足早に後宮へと続く回廊を目指した。
その間も、僕に首にシッカリと巻きつかせている夕鈴の腕の温もりが、こそばゆく感じられる。

これを・・・・幸せだと言うのだろうか?
自分はこういう事を望んでいたのか??
でも、夕鈴は・・・如何なのだろうか?

「陛下・・・・このまま私を・・・・・・妃にして下さいませ・・・・・」
「何か言った?」

夕鈴の言葉は、轟音にかき消され『私を』の後が聞えない。


そして。
一際大きな轟音が鳴り響き、稲光が地面へと落ちた。



二人とも、その大きさに驚き、瞳を瞑る。
音が鳴りやんで・・・そっと目を開けた時。


僕の腕の中で、声もあげずもがいている夕鈴がいた。

「へ、へ、へへいかっっ。どうして私が抱きあげられているんですか~~。
お、おろしてください~~~~」

さっきの轟音と同じくらいの悲鳴にも似た抗議の声が上がる。

「夕鈴・・・・君が言ったんだよ、『連れて行って』って」
「え~~~、そんな筈はありません!!あり得ません!!!!」

はぁ~~~~そんなもんだよね。
それが夕鈴だよね。

黎翔は短く溜め息を漏らすと、そっと夕鈴を降ろす。

「やっぱり、君は罪作りだよ」
「はい??」



これは、白昼夢??なのか。
それとも、僕の心が求めた産物なのか?


それはわからない・・・・・・・・・。
もしかすると、恋の女神がくれたお中元なのかもしれない。


黎翔は、まだ光っている空を見上げ、乾いた笑い声を立てたのだった。



終。



2013.08.14 SNS初載


関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック