【アリスの口づけ・2】 ドレスアップ
2015年11月09日 (月) | 編集 |
【設定】 

恋人設定 ・ 現パロ設定

【注意事項】

この作品は、某SNSのコミュニティにて開催されたハロウィンパーティに合わせて
『花の四阿』管理人・さくらぱん様とコラボした作品を私なりに加筆したものです。

【設定】に表示しております通り、現代パロディの作品となっておりますので
ご注意の上で閲覧くださいませ。












「どうして、誰も出てこないのかしら?」

さっきからの疑問が、つい口から出ていた。
私が不思議顔で考え込んでいると、それに気付いた黎翔さんが説明してくれた。

「あれぇ?!夕鈴に伝えてなかったっけ?
ここは僕が所有する遊園地だよ。
で!今夜は、夕鈴と僕だけの貸切にしたんだ」

嬉しそうな黎翔さんの表情に比べ、私は難し顔に変貌する。
貸し切り?
こんな大きな遊園地を?
しかも今話題の遊園地で、平日とはいえどかなりの集客力があるのを返上してまで?

そんな私に黎翔さんは甘く囁いてくる。

「夕鈴、たまにはこれくらいさせて欲しいんだ。
だっていつも会えなくて寂しい思いをさせているし・・・デートだって満足にできないし。
ホント、ごめんね」

しょんぼりとし始めた黎翔さんを見て、私は慌てて手を振りながらフォローの言葉を発する。

「とんでもないですっっ!!忙しいのは私だって分かっていますから。
別に寂しいなんて、私はひと言も・・・・・・痛っ!!」

ギュッ。
黎翔さんの抱き締める力が一瞬強くなり・・・・・・私は、痛さで悲鳴をあげた。

「夕鈴、強がらなくていいよ・・・僕は知ってるのだから。
優しい君が、寂しい思いを我慢していることを。
それに僕も、君に会えなくて寂しかったんだ。
恋人なのにね・・・・」

ポツリと呟いた黎翔さんの寂しそうな声に 、私は肩越しで振り向いた。
黎翔さんの切なげな深紅の瞳と、私の傷ついたような薄茶の瞳とが絡み合うようにかち合った。
しかし深紅の瞳はいつもの輝きが戻り、小犬のような明るい瞳が見え始めた。

「あのさ、僕は久しぶりのデートだから、今夜を楽しみにしてたんだ!
だから今夜は、いっぱい遊ぼうね、夕鈴!」

私より年上で世界中を飛び回り、その辣腕ぶりで『狼陛下』と呼ばれている黎翔さん。
いつも忙しくて時間の取れない彼がわざわざ私とのデートの時間を作ってくれたのだと思うと、
それだけでジンと胸の奥が温かくなりすっごく嬉しくなる。

「ありがとう、黎翔さんっっ」

ニッコリと微笑んだ私に、黎翔さんが無邪気な小犬のような笑顔を返してくれた。
いつもは大人びた彼なのに、今日はホントに子供みたいで・・・・・そんな彼が眩しく見える。

なんか今日の黎翔さんって、可愛い。

黎翔さんの嬉しそうな様子に、私もつられて嬉しくなる。
ドキドキ……と、心臓が跳ねてウキウキ踊りだす。
ハミングと、スキップを同時にしたい気分!

今から始まる遊園地デートに、いやでも期待が高まってくる。

「さあ、遊ぼう、夕鈴!ほらっ、時間が勿体無いよ!」

黎翔さんは私の手を引きながら、テーマパークのゲートを二人でくぐって中へと入った。

ホントっ、子供みたいだわ。

もう1分1秒ですら待ちきれないといった雰囲気で、今にも駆け出しそうな彼の様子に私はクスリと笑みが零れた。
そして私は考える。

そういえば、外で待ち合わせてのデートって・・・これが初めてかしら?!
いつもだと、黎翔さんが家まで迎えに来るか、学校の近くまで迎えに来てくれていた。
でも途中で仕事の呼び出しが入ったり、いいところで邪魔が入ったりしてデートは中止になっていたのよね。
折角の貸し切りなんだし、今日はそんなこと無いといいな~。

私の胸の奥でチラリと掠めた不安を、黎翔さんの楽しげな笑顔が打ち消してくれた。

今日は黎翔さんの雰囲気が、いつもと思うのは気のせいかしら?!
久しぶりのデートだからかな?
うん・・・・きっと、そうね。だって、私もドキドキしてるもの。

握られた大きな手を握り返して、遊園地のゲートを先に進んだ。
入ってすぐに黎翔さんから握られた大きな手をパッと離されて、私は大きく戸惑った。

「・・・・黎翔さん??」
「夕鈴!ここは不思議の国のアリスのテーマパークだから、 ここからはしばらく男女別々だよ。
ゲストは、アリスの登場人物になりきって遊ぶんだ。 ほらっ、あの建物で着替えておいでよ。
僕も着替えて、向こうの出口で待っているね」

イタズラっぽい笑顔を残して、黎翔さんは男性用の入り口へと姿を消した。
私も促されるまま、女性用の入口へと進んだ。


「「「いらっしゃいませっっ♪
Alice in Wonderlandに、ようこそ!」」」

建物に入ると、コミカルで軽快な衣装を身につけた3人のお針子さんたちが私を待っていた。

「いつもだと、お客様に好きなご衣裳を選んでいただくんですけど」
「今日はオーナー直々の指示がありまして」
「お嬢様には、こちらのお衣装に着替えていただきます」

3人のお針子さん達が代わる代わるこの状況を説明する。
そして手に持った可愛い衣装を手際よく、次々と着用させていく。
その間私はなす術もなく彼女らになされるがまま、身動き一つ出来なかった。
気が付けばあっという間に、私の衣装は見事にチェンジさせられていた。

ふわりとした水色ワンピース。
白いエプロンをつけて、スカートの中にはご丁寧にドロワースまで穿いている。
長い薄茶の髪は丁寧に梳られて、半分だけ結い上げた髪にワンピースとお揃いの水色の大きなリボンが飾られていた。

鏡の中に映る私は、すっかりお伽の国のアリスの主人公そのものだった。


「とても、お似合いですわ♪」
「さあ!オーナーが外でお待ちです♪」
「行ってらっしゃいませ、アリス様」

「「「楽しい夜を!!!」」」

お針子さんたちは楽しげに歌い踊りながら、にこやかに私を送り出してくれた。

煌びやかな夜のイルミネーションと楽しげなBGM。
出口から出た私を待っていたのは、発光きのこが弾む不思議な世界。

そこに佇んでいたのは、シルクハットの背の高い紳士が一人だけ。
柔らかな黒髪を夜風に靡かせて、帽子を取り軽くお辞儀をする私の恋人・・・黎翔さん。

「やっぱり、ゆーりんは可愛いね♪ まるで本物のアリスみたいだよ」
「いえ、黎翔さんもカッコイイですっっ!!!」
「そうかい?ありがとう。
僕は、帽子屋だよ。それも君だけの・・・・夕鈴だけの専属のね」

イルミネーションに優しく煌く黎翔さんの紅い瞳が綺麗で。
微笑む黎翔さんの微笑みが優しくて。

私は思わず、ぽぉっと見惚れてしまっていた。

「さあ、行こうか!僕のアリス。ほら、手を出してっっ!」

差し出された黎翔さん手に自分の手を重ねる。
二人だけのロマンティックなシュチエーションに、否が応でも期待が高まってくる。

近くのカラクリ時計が、賑やかに鳴った。
これはドキドキのアリス・デートの始まりの合図。
煌びやかな色彩に煌く噴水が立ち昇り、それはまるで星が落ちてきたかの様で。

「帽子屋さん!!行きましょうっっ!!」

私たちは、噴水とカラクリ時計が終わる前に不思議の国へと駆け出していった。



続。












関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
うっきゃー♡瓔悠さん続き〜嬉し〜(^∇^)

夕鈴可愛い夕鈴可愛い夕鈴可愛い夕鈴可愛い夕鈴可愛い!
いいですね〜〜(*^^*)!夕鈴大好き☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

うんうん、外でのまちあわせってなんであんなにドキドキするのかしら‥ただ見慣れた商店街で待ち合わせるだけなのに、少し高いヒール履いて待ってたりしちゃうのはなぜ?
それとちょっとだけ背筋伸ばして、おなか引っ込めて?それからそれから口元少しあげて?

ああ、恋人待つ感じかぁ。←って!十何年間仕事場も一緒だろ?しっかりしろ私。惚気るな。バカちん。

夕鈴可愛い!
あっ!また繰り返してしまう♪(´ε` )
でも、かわいすぎる夕鈴が悪い!
今から黎翔さんに渡さなくて良いですか( ̄^ ̄)ゞ?
2015/11/10(火) 00:37:57 | URL | タイフーンです(≧∇≦) #-[ 編集]
タイフーン様

こんばんは~コメント有り難うございます
返信お待たせしました!!

夕鈴、可愛いですよね~
もう何度も可愛いって叫びたくなる気持ち、分かります!!!
激しく同感!!!
可愛いは正義なんですっ!!


外での待ち合せはイイですよね~
ホント、結婚するとトンとそんな事はなくなりますものね~
昔が懐かしい~~
ふふふ~タイフーン様も乙女してますよね~
実は私も昔はそうでした・・・・。


続き、お楽しみにお待ちくださいませね~
いつも読んでくださって有り難うございますっ!!!

2015/11/10(火) 19:41:49 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
アリスで思い出した。
以前、娘がコスプレ写真館?的な場所に行ったことを。
そのときアリスにしたかったそうですが友達がアリスを選択、娘は仕方なく女王様になったみたいでした。
今はいろんなことが出来るみたいですね・・。
私達が若いころはコスプレ・・というだけでもおかしな目がありましたのにね。今は逸れもなんだか普通に生活の一部的な感じですよ。(笑)時代が過ぎてるって感じます。

そんなかわいい夕鈴アリスを黎翔さんは我慢できるんでしょうかね。
続き待ってますね~。^^





2015/11/10(火) 23:33:26 | URL | ママ #-[ 編集]
ママ様

こんばんは~コメント有り難うございます
返信お待たせしました!!

コスプレ写真館かぁ~いいなぁ~
子供は、スタジオ〇リスとかでドレスやら、着物やら着て写真撮れるけど
大人は中々そんな機会はないよね~
まぁ、私の容姿ではコスプレしても似合わないけどね~
でもしてみたい気もする。

アリスとかめっちゃ可愛いだろうねぇ~
うんうん。
確かに娘さんならアリスが似合いそう~


さぁ、夕鈴アリスはどんなものかしら?
黎翔さん、どこまで我慢できるのか?
それが見どころ?!かな???


2015/11/14(土) 22:14:13 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する