【決して見てはならない・3】
2015年11月21日 (土) | 編集 |
【設定】

未来夫婦・新婚くらい

【注意事項】

この話・・・どうもシリアス方向に傾いているようです。
いつものホワホワ感のモノしか受け付けられない!と仰るゲスト様は
ここでバックしてくださいませね。









前を行く老師の歩みに、迷いはなかった。
どこに行くのか?それは夕鈴には分からないけれど・・・。


「しかし、お前さんはそれを知ってもなお、そのままでいられるんじゃろうか」
「えっ?老師、何か言いましたか?」
「いや、何も言っとりゃせんわい」
「そうですか・・・」

老師と共に行き着いた先は、それは問題の小部屋だった。
何故か気になっていた小部屋。
夕鈴は息を飲み込んだ。

「さぁて、ここじゃの」
「はい」
「お前さんは、ここの秘密を解き明かしたいと言ったな」
「ええ、言いました」
「後悔はせんのじゃの?」
「後悔?」
「そうじゃ」
「しません!」
「そうか」

夕鈴の力強い薄茶の瞳に、老師は一瞬気圧される。
視線を逸らすことなく見詰める夕鈴に老師は好感を持ったのか、優し気に口元を緩ませていた。

「じゃあ、見るがええ」

老師は入口を誤魔化す為にはめ込まれた板を外しに掛かった。

『ギィィィ』
鈍い音がして、その戸は開かれた。

「ほらっっ」

老師に促され、夕鈴は戸口をくぐった。
夕鈴は大きく一歩踏み入れて立ち止まると、小部屋の中を見回した。
しかし、何も見えはしなかった。

明かりは無く、音も無い・・・・・そこは暗く冷たい空気だけが流れていた。
しばらくすると暗さに目が慣れてきて、その小部屋の内部が浮かび上がる。
しかし、その小部屋には何もなかった。
調度品の一つもなく、ただの小さな空間が広がっていた。

「何もない・・・・・・・・」

夕鈴は小さな声で呟くが、その声に誰も答えてはくれなかった。
静寂が呟き声を即座に消し去り、暗闇だけがその場を支配する。
夕鈴は恐怖という感情に身体を支配され、一歩も動けなかった。

立ち尽くす夕鈴を奮い立たせるように、老師がゆっくりと入って来た。
そのまま歩を止めることなく、夕鈴の脇を通って部屋の奥へと進む。

「ほれ、小娘!行くぞ」
「行くってどこにですか?だってここには何も無いですよね」
「ここは入口じゃ」
「入口?」
「この奥が、秘めたるものがある場所なんじゃ」

小部屋の一番奥。
突き当りには、何の変哲のない壁が一面に広がる。
それはただの壁のはず・・・・・・・・。

しかし老師は振り返ることも無く壁の前に立つと、両手を壁に当てる。
ペタッと付けた掌を力任せに押すと、ただの壁だったはずのところの一部がズレて、更に奥へと続く扉へと変わったのだった。

その扉の隙間から老師はその小さな身体をすり抜けさせ、中へと進む。
夕鈴も取り残されるわけにはいかないと歩を進め、老師の後に続いた。

入り込んだ扉の入口付近は、薄暗かった。
そしてその入口から伸びる通路。
長く、先へと続いていた。
続く通路の先を見通すと、その先はホンノリと明るくなっていて行く手を照らしていた。

軟らかくユラユラと揺れる光。
優しくフワフワと辺りを照らす光。

夕鈴は、フゥと息を吐きだした。
この通路に先には、自分が求める秘密がある。

浩大は、自分には何も教えてはくれなかった。
陛下は、ご存じない様だった。

「行くわ!私は何としても知らなければならない。
陛下の妃として・・・・それがどんな秘密だとしても」

夕鈴はゴクリと唾を飲み込んで、力強い一歩を踏み出した。



続。


**********


やっと、自分の中でラストまで話が纏まりました。
このお話、正直言って・・・・何度も話の展開・ラストが変わりまくってます。
どれもしっくりこなくて。
でも何とか纏まりそうです。

しかし、後1・2回は続くような気も・・・・・・。

宜しければお付き合いくださいませ。
ただし、結構シリアスですが。

続きはそんなお待たせしないと思います。

では・・・・・・・


瓔悠。














関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
つっづき~~~!!!わーいわーい!
・・・シリアス・・・でも読むもん!
夕鈴のようにドンとこい!!覚悟して読んでいくので大丈夫!

更新楽しみにしてるからね~~♪
2015/11/21(土) 23:49:55 | URL | ママ #-[ 編集]
ママ様

おはようございます~コメント有り難うございます

やっとこの続き書けた!!
スッゴク気にはなっていたの・・・・。
マァマの他にも、お待ちの方もいてね。

でもどうも話の展開に納得がいかなくて。
何度も書いては、消して・・・の繰り返しで。
でもやっと決まったから
後はカキカキするだけ。
始めに話していたのとは全く違うシリアスモノになると思うけど
楽しんでもらえると嬉しいなぁ~~

ドンとこい!!!って事なら、私もドンっっと行くからね~(笑)
続きは夜にでも・・・・・。

それでは、今日は少しお出かけだから
行ってきます~~~~

2015/11/22(日) 08:36:10 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
こんばんは!←うわぁもう次の日の昼過ぎてますね!朝釣り人を早朝に起こして塾に行かせて掃除していたらそのまま干したてシーツの上で寝てました(T ^ T)

いや〜
ドキドキしますねぇ!(◎_◎;)
しっかりと待ち待ちしておきます!
2015/11/22(日) 13:43:18 | URL | タイフーンです(≧∇≦) #-[ 編集]
タイフーン様

こんにちは~コメント有り難うございます
返信お待たせしました!!

お疲れ様です!!!
連休なのに、お忙しいようですね~

ウチは旦那様
3連勤!!!!
だから、実家に行ったりしてました。
そして今日はお家でまったり。

続き、色々書きたいですが・・・・脳みそが動かない・・・・。


先程、続きUPしてます。
ますますドキドキしてくれると嬉しいんだけどなぁ~~~
うりゅうりゅ。

2015/11/23(月) 14:53:01 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する