【その想い伝えるまでに】 ・ 『空は青く光りと共に』後日談 
2015年08月26日 (水) | 編集 |
【設定】

臨時妃 ・ 原作寄り 









少年は薄暗く深い井戸の中を、しばし刻を忘れて覗き込んでいた。

「帰りたいって言っていたけど、帰れたのだろうか?」

何処に帰るとも言わなかった。
それを聞く事も出来なかった。
そして、引き留めることも。

あの時手を伸ばして掴めば、手に入れられたのだろうか。
それは、今となっては分からない。

「・・・・・あんなに傍にいて欲しいと思った女性なのにな」

自嘲めいて笑ってみるが、それは虚しく空(くう)に溶けゆくだけ。
黎翔は自分の置かれた立場、境遇・・・そして求められた振る舞いは理解しているつもりだった。
そして、そう振るまっていたし、これからもそのつもりだった。
あの兄が王でいる間は。

それが自分に課せられているものだと、信じていた。
でも、あんなに真っ正直に生きてる女性がいたとはな・・・・。
思いも寄らなかった。

「こんなところにいたのですね」
「何か用か?」
「王がお呼びですが・・・・」
「ねぇ、お前にとっての王は誰?」
「・・・・・・・・・それを私に言わせるのですか?」

光る眼鏡の奥が、確信めいた光彩を放つ。
それだけで解るつもりだったが・・・・・・・・・。
深く輝く紅の双眸が、答えを得ようと蠢く。

「私にとっての王はただ一人、貴方です・・・・黎翔様」

その言葉が欲しかったと言わんばかりに口元が緩む。

「僕は・・・いや、私はあんな王を王とは認めない。奸臣どもに操られた傀儡の王などはな」
「・・・・・どうなさるおつもりで?」

分かっているのだろうと言わん瞳がキラリと輝く。
それに呼応するかのように、大きく頷き返すのは彼の側近だった。


そして・・・・・此処から始まる。
果てのない戦乱の日々が。

それはあの時出逢った女性に、寄せる想いを密かに伝えんがため。
もう逢うことはないであろう・・・・・あの眩い光りの様に輝いていた女性に捧げんがため。
今はもう、名すら忘れた乙女の為に。

それは王となり『狼陛下』と呼ばれている今でさえ、戦っているのだ。

「陛下??こんなところでうたた寝していたら、風邪を引いてしまいますよ」

上から覗き込んでくるのは・・・・・・・あの時の乙女?
おぼろげに脳裏に浮かぶ乙女の表情と重なる。

「陛下?起きて下さい」
「ううん・・・・あ、夕鈴。寝ていたみたいだね」
「はい、寝てましたよ。珍しい事ですね」

見つけた!
こんなところに・・・・・こんなに近くにいたのか。
もう離さない。
今度は何としても手に入れる、必ず。



そして、季節は巡る。


「へいか!!!お妃ちゃん、見つけたよ。古ぼけた井戸の中から!!
気失っているみたいだったから、オレが引きあげてそこで横たわらせてるよ」
「わかった、直ぐに行く」

疾風のごとく部屋を後にし、駆けつけるとそこにいたのは確かにあの日手離した乙女だった。

間違いないあの時の姿そのもの。
ちゃんと帰れていたんだね。

「ただいま・・・・・陛下。やっぱり、素敵な男性になりましたよね」


「お帰り・・・・・お姉さん」

そして、今度は手放したりしないから。
その手を強く掴むから。
あの時には出来なかったけれども。

だから、夕鈴・・・・
僕ダケヲ、そう僕ダケヲ見詰めていて。



終。




2013.05.14 SNS初載
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
!!!
続き⤴︎!!
記憶になかったから初出と思って楽しみました\(^o^)/
そっかぁ、そっかあ、その段階でしたのね〜!
おかえり夕鈴♡
2015/08/26(水) 11:33:11 | URL | タイフーンです(#^.^#) #-[ 編集]
no subject
キュンキューン・・///。
陛下、夕鈴会えてよかったね~(うるうる)
あとは、夕鈴を追い詰めて手に入れるだけ!
さあ、女ったらしの手腕の発揮するときですよ←違。
まずは、夕鈴の怪我が治ってから!(笑)
再UP、お疲れ様でした~。
何度読んでもいいですね^^可愛いです。
途中で黒陛下も見られるし、好き~。
ああ。今寝の前に書類が沢山。やらなければいけないことがあるのに現実逃避してるんです・・・。
いやだ・・いやだ・・書類よどこかに飛んでいけ!
2015/08/26(水) 11:34:41 | URL | ママ #-[ 編集]
タイフーン様
こんばんは~コメント有り難うございます
返信お待たせしました!!
まぁ、楽しんでいただけてよかったです!!!
これは後から書いたものですからね。
もっと掘り下げて書きたいなぁ~と思って書いたんです。
なんかこの話好きで・・・・。
まだ再録UPしてないものもあります。
UPするべきかなぁ??と迷ってますが・・・どうしましょうか??
2015/08/27(木) 00:20:12 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
ママ様
こんばんは~コメント有り難うございます
返信お待たせしました!!
キュンキュンきた???
それは良かった~~。
さぁ、夕鈴をどうやって手に入れましょうか??
陛下の手腕をみてみたい。
この話は結構好き。
だって陛下があの陛下ではないのに、素敵なんだもん。
あとから書いた分もUPするべきかしら??
今悩み中。
そして書類の山と格闘中とは・・・・
お疲れ様~~~
少しは終わったかな??
私も後回しにしていることが多くて、近くきちんとお片付けしないとなぁ~と思ってますよ。
そろそろ子供たちの新学期の用意もしないと、、雑巾用意したりね。
はぁ~~面倒だぁ~~~
2015/08/27(木) 00:24:13 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック