【空は青く光りと共に】・3
2015年08月22日 (土) | 編集 |
【設定】

臨時妃 ・ 原作寄り









抜け出た先は、こんもりとした植木が丁度隠れ蓑の役割をしているポッカリと開いた穴だった。
其の穴は木で出来た戸で蓋をされていたのだが、その繋ぎあわされた間から洩れ出る光りが通り道を照らしていた。
その戸を夕鈴は中から力一杯押し開けた。

「これって隠し通路だったのね~だから、一部作り直されていたんだわ」

自分が壊してしまったのではないと分かり、夕鈴は安堵の表情を浮かべる。
しかし、そうも安心してばかりはいられない。
出て来た時の違和感の正体が判明していないから・・・・。

夕鈴は目の前の桃色の可憐な花を付けた植木の隙間から、そっと覗き見た。
眼前に広がるのは、後宮の庭園。
奥には見慣れた、季節の折々によく陛下と訪れる四阿があった。

「景色を見る感じでは、いつもの後宮なのよね。でも・・・何かが違うのよ。
上手く表現出来ないけど、言うなれば雰囲気が違うの」

「・・・・・ねぇ、何が違うの??」
「!?☆・・・・っっ・・・・・」

夕鈴は後ろから聞えてきた声に大声を上げかけたが、
両手を口元に宛がい唾を飲み込んで耐えた。

だって・・・・物音ひとつしなかったから。
後ろに人の気配なんてしなかったはずで。
いくらそう言うことに鈍感だと、浩大辺りにいつも指摘されてる私でもそれは断言できる。

夕鈴は振り返ると、こういう場面で万人が口にするだろう台詞を先ずは発してみた。

「あの・・・・・・・・君は、誰???」
「あのさ、人の名を尋ねるときは、自分が先に名乗るのが礼儀じゃないの?」
「うっ、確かにそうですね」

まぁ、確かにそうかもしれないけどさ、一応私の方が年上なのよ。

夕鈴が振り返った先に立っているのは、少年だった。
そこに佇む少年は見た事は・・・・・・・ない筈で。
ただ、あの見覚えのありすぎる深紅に光る瞳以外は。

「私は、夕鈴よ。さぁ、君は誰??」
「夕鈴かぁ~アンタ、新しく連れて来られた人??」
「新しく?何の事??」
「いや、いい」
「・・・・・・・・あの・・・・だから、名前は?」
「アンタに名乗る必要を感じない」

目の前の少年は腕組みしたまま、自分の名を告げることをキッパリと拒否した。
それを見て、夕鈴は何故かムカムカしてくる。

なんなのよっっ!私はキチンと名乗ったじゃないの!!
そっちが人の名前を聞く時は・・・みたいな事をいうから。
なのに、『名乗る必要うぃ感じない』って如何言う事よ!!!

夕鈴は目の前の少年に遊ばれている気がして、更に腹が立ってくる。

「じゃあ、もういい!!名前は聞かない事にするわ。
では、一つ質問させてもらっても良いかしら?」
「一つね、いいよ。何?」
「え~~んと、では、ここは何処?」
「・・・・・・・・・・・はい?」

目の前の少年が首を傾げていた。
『ここに入って来ている癖に、今更何言っているんだ』とでも言いたげな瞳で、夕鈴を見ている。

「・・・・・ここは白陽国後宮だけど」
「やっぱり、そうよね」

だったら、私が感じている違和感は何なのよ!!!

「では、当たり前の事を聞くけど・・・・・・現国王陛下の御名は、珀 黎翔陛下よね??」
「質問は一つって言ったよね、お姉さんったら嘘つきだね。まぁ、いいけどさ・・・・・。
それより、頭大丈夫??その名前だけど、珀 黎翔って僕の名だよ」


「え~~~~~~~~~~~」

意外な・・・そう、まさかそんな答えが返ってくるとは想像だに出来ない夕鈴は、思いっきり素っ頓狂な声をあげた。
そして心で何度も呟く・・・・・そんな筈はない!!そんな筈が無い!!と自分に言い聞かせるように。






続。





2013.05.08 SNS初載
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ふふふ。帰宅して覗いたら更新されてるので嬉しさので飛び跳ねた←子供か
そうねそうね。夕鈴混乱するわね?
陛下であって陛下でない・・。うん。
しかしカッコいいんだろうね~・・。若かれし陛下(いや、今も十分若いんだけど・・)
今の陛下って・・21には見えない・・。
コメ返信は気にしないで^^
勝手に書いていくから~。
2015/08/22(土) 20:05:40 | URL | ママ #-[ 編集]
おかえりなさ〜い\(^o^)/
良くぞお帰りくださった!!
コメント返信ありがとうございます。でも、更新で無事確認で🆗なんですからね〜\(//∇//)\
2015/08/22(土) 22:01:22 | URL | タイフーンです(≧∇≦) #-[ 編集]
ママ様
こんばんは~コメント有り難うございます
返信が遅くなって、ごめんなさい~~
今更ながらの返信で失礼いたします
はぁ~~い、更新しました。
あれは再録だから比較的更新しやすいんだ~
って、最終話・・・・・今日中にはUP出来なかったけど。
うふふ、少年の陛下っていい味出すよね、
夕鈴をもっと翻弄してほしいもんだわ。
きっと陛下は若くてもカッコいいと思う・・・。
2015/08/25(火) 00:00:07 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
タイフーン様
こんばんは~コメント有り難うございます
返信が遅くなりまして、申し訳ありません
今更ながらの返信で失礼いたします
ただいま~~~~
帰ってきました。
だってタイフーン様も応援してくれているんだもん。
だから嬉しくってね。
うふふ、お気遣い有り難うございます~~
でも時間が経っても、コメント返信はしたいんですよ。
だってこうしてコメントいただいているから、カキカキ出来るんですもの。
いつも有り難うございます~~
2015/08/25(火) 00:02:34 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック