≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【設定】

臨時妃 ・ 原作寄り









浩大が自分の首を掛けて、必死に捜索している正にその頃。
井戸の底でへばっていた夕鈴は、奇妙なモノを見つけていた。

「う、うん???あそこ・・・なんか変・・・・」

座り込んだ反対側の壁の底近くに積まれている石垣の一部が、オカシイのだ。
オカシイとは・・・どうも一部分だけ後から作りなおした感じなのである。

「何かしら??」

身体を少し動かし近付いて、その石垣の妙な部分の石を触ってみる。
やっぱり、周りの石とは材質も異っている。
周りの石はザラザラしていて触ると掌がジカジカするのだが、
そのオカシイ部分の石は結構ツルツルしていて触り心地がいいのである。

「押してみたら、動いたりして・・・・・なぁ~~んて、まさかね」

夕鈴は興味が湧き、後の事なんて一切考えもせずに両手をその石に添えて、
力一杯押してみた。

ガタッ!!!!

「ウソっ!”!”!動いちゃった・・・・」

石が動いて積まれた石垣の内、一部分だけごっそりと落ちてしまっていた。
丁度寝転べば、人一人が通り抜けれそうな穴があいたのだ。

「・・・・・・どうしよう・・・・・・壊したのは、私だよね」

夕鈴は予想外の状況にヤバいと少し困惑したのだが、
覗いたその先の奥から差し込む光りの筋に光明を見た気がしてきて、
その穴からどうにかしてこのまま通れないものかを考え始めていた。

ここに寝転んで・・・・這いずって行けば、なんとか辿り着けそうな気がするけど、
この衣装が汚れるのは間違いないわよね。
そして・・・・下手すれば破れる危険性も・・・そうなると借金がまた増える結果になるわよね。

恐~~い上司の守銭奴顔が目に浮かび、ブルッと寒くもないのに夕鈴は身震いをしていた。

「でも、このままここにいたって、誰かが見つけてくれる保証なんて何処にもないわ!!
だったら、ここは出られる可能性が高い方を試してみるに限るっっ!」

夕鈴は腹を括って、押した先に散らばっている石コロを取り除き身体を腹ばいにしたのだった。
そしてそのまま・・・・身体を這いずって穴を通り抜けた。
石の崩れた際に出来た穴を抜けた先は入口よりも広い通路になっていて、
其処からは腹ばいではなく四つん這いで進めた。

「よっし!!!これで、あの光りの差してる所までいけるわ!!!」

夕鈴は確信めいた言葉を発し、そのままズンズン進んで行った。
それは挫けそうになる自分を叱咤激励するために発したものだった。
行動あるのみ!と張り切っているものの、夕鈴はこの行為が間違いではないと確証もない。


後少しだわ・・・・・それにしても、光りが差してる先は出口だと思うんだけど何処に出ちゃうんだろう???
もしかして、王宮の外だったり???
それはマ・・・・マズイわ・・よ・・ね・・・・こんな格好してるんだもの。
私が何者かがバレちゃうわよね。
まぁ、此処まで来といて、今更な気もするけど!!

出口は直ぐそこだというのに、夕鈴の動きは不意に止まってしまった。

どうしよう・・・・引き返すべき??
でも戻っても、自力で上がれないんじゃ、どうにも為らないし。
なら、ここは進むべきよね。
そうよ、もしマズイ所にでたら、それは出た時に考えればいい!!!

迷いをふっ切った夕鈴は、出口らしき光りを目指してまた歩を進める。
そしてついに出口に。

「やっと出た~~~~~~」

小さく呟いて大きく深呼吸する。
夕鈴は周りに誰もいない事を確認するのにキョロキョロ辺りを見回し、
ホッと胸を撫で下ろした。


それは・・・・王宮の外ではなかったから。
更に言えば、見覚えのある庭先だったから。

でも_。
それでも。
夕鈴が感じる違和感。

「・・・・・・・・・此処は、後宮なの・・・よね」

自分が感じている違和感は・・・・ある人物に出逢う事によって、決定的になったのであった。






続。








2013.05.07 SNS初載
関連記事
スポンサーサイト


いや~っ。
ココでおわりぃ?!
・・・・待ってる。続きUP待ってる。
つらつらにコメしにいくよ~←順番・・
こんばんは~ コメント有り難うございました
返信が遅くなって、ごめんなさい~~
今更ながらの返信で失礼いたします
うふふ、「待て」出来たかな???
毎日一応UPは心がけてしてみましたよ~~
後は1話。
明日の朝にでもできるかな???
待っててね~~~
この記事へコメントする















瓔悠

Author:瓔悠

現在の閲覧者数:
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。