【傍迷惑な歓迎・11】 
2015年05月21日 (木) | 編集 |
【設定】

臨時妃 ・ 原作寄り ・ オリキャラ有り ・ 原作外設定有り



二人が案内された部屋は、滞在する客室にしては少し小さいものだった。
しかも部屋の中には、この黄陵国訪問に付き従ってきた侍女たちの姿もない。
どうやらここは応接室のようだ。
案内して来た女官は黎翔と夕鈴を中に案内すると、申し訳なさげに言葉を紡ぐ。

「申し訳ございません。滞在部屋のご用意が今少し掛かりそうでして・・・お部屋が整うまで、こちらの部屋にてお待ち頂けませんでしょうか」
「そうであったか。では、ここで待つことにしよう」
「誠に、申し訳ございません」
「案内、ご苦労であった」

黎翔の言葉を受けると、客室までの案内を終えた女官は深々と拝礼してその場を即座に立ち去った。
国賓である白陽国国王夫婦の余りにも仲睦ましい様子に、邪魔はすべきではないと心砕いたからだ。

ところが実のところ、その女官もまだ独身のお年頃で・・・。
要するに・・・・二人の様子に自分の目のやり場に困ったからである。

応接室にしては豪奢な部屋に入り、黎翔は長椅子に夕鈴をゆっくりと降ろした。
ようやく自由の身となった夕鈴は、深い吐息を吐き出した。
そして辺りをキョロキョロと見回して、自分と黎翔しかいない事を確認した。

「陛下っっ!!あれはいくらなんでもやり過ぎですっっ!!」
「えっ?何処が?」
「ここまで案内してくれた女官さんの表情を見ましたか?」
「いや、見ていないが」
「頬を桃色に染めて、殆ど俯いていて・・・あれは目のやり場に困っているって感じでしたよ」
「それは願ったりだ」
「どうして願ったりとなるのですかっっ!!!」

夕鈴は少し桃色に染まった頬をプクッと膨らませ、黎翔に抗議する。
ところが当の黎翔は何処吹く風と言う感じで、全く打て合わないようである。
しかもそれを見て、可愛らしいと思う黎翔は罪作りと言うべきか・・・・。

「・・・・・・・もうっっ・・・・いくらなんでも・・・・恥ずかし過ぎます」

夕鈴は俯いてブツブツと呟いたのちは、何も言わず黙ったままとなった。
すると、これはマズいと感じたのか・・・黎翔は夕鈴の隣に腰かけて俯いた夕鈴の顔を覗き込む。

「ごめんね、夕鈴」
「・・・・・・」
「あれはやり過ぎだったかも知れないけど、でも必要な事なんだ」
「必要な事?」
「そう、僕にとって」
「陛下にとって?ですか?」
「そうなんだ。だから夕鈴には協力して欲しい」
「でも誰に見せる為なんですか?」
「う~~ん、それはこの黄陵国の人だよ」
「黄陵国の人?それって、具体的に誰なんですか?」
「・・・・・・・・大臣とか?」
「とか?」

夕鈴は畳み込むように、黎翔に質問をぶつける。
黎翔にとっては、これは困った事態だ。
まさか『君の兄である悠殿に見せつける為だ』とは口が裂けても言えない。
となると、何となくお茶を濁す返答しか出来ない。
もうこれ以上質問されたくない黎翔は強硬手段を取ることにした。

自分と向き合っている夕鈴の肩に、両手をそっと置いた。
そして自分の方に引き寄せた。

夕鈴の薄茶の瞳に映るのは、困った表情の黎翔の端正な顔だった。

「夕鈴・・・・・今回の交渉の為には、君の力が必要なんだ。
だから、夕鈴には頑張って欲しいんだ」
「・・・・・・・・・・・」

真剣な表情をする黎翔を前に、誰が『出来ません』と言えようか。
夕鈴には到底言えるはずは無かった。

「・・・・・・・分かりました、頑張ってみます」
「ありがとう、夕鈴!」

黎翔は破顔一笑すると、夕鈴の頬に軽く口づけた。
頬に手を当て真っ赤になって口をパクパクさせる夕鈴。
そして我に返ると、スクッと立ち上がり大声で叫んだ。

「も、も、もうっっっ、陛下!!何をなさるんですかーーーーー」

そんな二人のじゃれ合いが繰り広げられていると、部屋の入り口の扉を叩く音がした。
これは黎翔から逃れられると、夕鈴は戸口の方へと歩き出す。

「誰かしら??」

それを黎翔は黙ったまま、ただ目線だけを送る。
その瞳には、夕鈴との時間を邪魔したのは誰なんだと抗議の意味が込められていた。

「はい・・・どなたですか?」

戸口の前で、夕鈴は返事をしてみた。
しかし返事は聞こえず、その代わりに扉が開け広げられ飛び込んできた人物がいた。

「夕鈴さんっっ!!!お久しぶりです」

そう、入って来たのは・・・・・黄陵国国王、悠鐸だった。






続。






************


ふふふ~~~~
こんな所で『続』でございます。

さぁ、続きはいつのUPになりますでしょうか??
なるべく早くとは思いますが、次のUPは『奇跡の欠片』になりそうです。


それでは・・・・・・。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
続きですね〜☆やったね*\(^o^)/*
うまうまヾ(@⌒ー⌒@)ノ
良い感じに悠鐸さんの登場です(*^_^*)
陛下の気持ちを掻き乱してくださるんかな!!
2015/05/21(木) 18:17:32 | URL | タイフーン #-[ 編集]
キャー(*^▽^*)悠様~(笑)これから引っ掻き回して下さるのかしら( ´艸`)ってか滞在の御部屋の寝台はもちろん1つデスヨネ(笑)←何考えてるんだ(_ _ )/ハンセイ
2015/05/21(木) 19:49:50 | URL | 行 #jxT87rSU[ 編集]
わーい
続きをありがとうございます。
せっかくなので始めからまた読み返しています。
そうなるとその前の『意味などとしての~』から読みたいななどと考えて、
今日中にすべて読み終わる気がしなくなってきたので、
お先にコメントだけ入れさせていただきました。
悠鐸さん、いいところで登場して、待てですね!!
待ちます!!
原作とは違う設定から出る陛下の煩悶が見たい・・
いや、ラブラブなんでしょうが(笑)
2015/05/21(木) 22:07:24 | URL | ゆらら #PzYVIlwM[ 編集]
悠さまーーーー!お待ちしておりましたわ~~////。
最後の悠様登場にもっとやれー!陛下を焦らしてやれーなんて悪魔なマァマが出てきてしまいましたよ(笑)
破顔一笑・・・・・陛下・・どんだけ可愛いんだ!!
可愛過ぎるぜ!
もう、もう待てできなーーい←
はっ。今月は24日が日曜日・・・と言うことはもしかして早売りでは明日が発売日?!明日本屋にレッツゴーですね!一応。
奇跡の破片もまってるーーー!!^^
2015/05/21(木) 22:11:17 | URL | ママ #-[ 編集]
タイフーン様
こんばんは~ コメント有り難うございます
続きですよ~~
リクがあったので、頑張って書いちゃいました!!
うまうまになりましたでしょうか?
さぁ、この話の立役者であります悠様の登場です!!!
陛下とどんな絡みをしてくれるのか?実は私も楽しみだったりします。
(悠さまは、わりかし勝手に動いてくれるので・・・)
また続きはお待ちいただくと思いますが、宜しくお願いいたします!!!
2015/05/21(木) 23:09:07 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
行様
こんばんは~ コメント有り難うございます
悠様の登場で、陛下と夕鈴の夫婦演技がどうなるのか?
私も楽しみです!!
どうやって引っ掻きまわすのか??
彼の手腕を早く見たいです!!←書いてるのお前だろっっ!!と突っ込んでおきますが・・・
さて、陛下と夕鈴の寝台・・・・どうなんでしょうね~
うふふ・・・・どんなモノか??
お楽しみにっっ!!
2015/05/21(木) 23:11:40 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
ゆらら様
こんばんは~ コメント有り難うございます
はい、やっと続き書けました。
随分と久しぶりな気が致します
色々脱線してましたから・・・(まだ脱線してますが)
まぁ~最初から読み直して下さるなんて・・
スミマセン!お手数をお掛けして!!!
まぁ、確かに一気に読んだ方が楽しいですよね~
私もよそ様のお宅では、よくしますよ!!
悠様はいいところで登場です!!
さぁ、二人にどんな難題を吹っ掛けるのか?
私もワクワクしながら、書きたいと思います。
どうぞお付き合いくださいませ。
2015/05/21(木) 23:15:02 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
ママ様
こんばんは~ コメント有り難うございます
はぁ~~い!マァマの大好きな悠様登場しましたよ!
お待たせ!です。
どんだけ陛下を引っ掻き回すのか?私も実は楽しみで・・・
私の心の中の悪魔の囁きが聞こえてきます。
ふふふ・・陛下、ご覚悟を!!!
陛下、可愛い???
それは良かった~~~
夕鈴が大切だし、早く自分のものにしたいと思うよ~~
うん、間違いない!!!
そうだよ~~多分、早売り地域は明日発売ではないかしら??
私も早売り地域に引っ越したい・・・本誌発売の時だけね。
でも私も今月は発売日に買いに行くんだ!!!
絶対に行く~~~何があっても行く~~~~
待てないもん!!!
2015/05/21(木) 23:19:23 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
え?ここで切りますか?!
久々の、大好きなお話のアップで、ニヨニヨしながらスクロールしてたのにぃ~~~~
また次の更新を我慢してお待ちしてますねッ!!
遥 vs 陛下 を楽しみにしてます!
2015/05/23(土) 08:34:27 | URL | ハニー #.xeYulEQ[ 編集]
ハニー様
おはようございます~ コメント有り難うございます
はいっっ!!ここで切ります!!
スミマセン~~~~~
これが連載の醍醐味です!!
『えっ?ここで続くの?』と読者にやきもきさせるのも
書き手の役割かなぁ~とか思ったりもします(笑)
ですので、続き楽しみにお待ち下さいませ。
次の更新は『奇跡の欠片』の後になると思います。
お待ち下さいね。
次は 悠様VS陛下になると思いますよ~~
これは予告ですっっ!!(笑)
有り難うございました。
2015/05/23(土) 11:46:10 | URL | 瓔悠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する