<<12  2016,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
【アリスの口づけ・11】  恋の迷路 
【設定】 

恋人設定 ・ 現パロ設定

【注意事項】

この作品は、某SNSのコミュニティにて開催されたハロウィンパーティに合わせて
『花の四阿』管理人・さくらぱん様とコラボした作品を私なりに加筆したものです。

【設定】に表示しております通り、現代パロディの作品となっておりますので
ご注意の上で閲覧くださいませ。







ミラーハウスの入口につくと、黎翔さんはさりげなく私の手を離した。
私は名残惜しい気持ちを抑えて、自分の掌を見つめる。
そこに残った黎翔さんの温かさの余韻を感じて・・・・。
そんな私を黎翔さんが口元を綻ばせて見ていたなんて、
私は全く気づきはしなかったけど。

不意にいたずらっ子のような声が隣から聞こえてきた。

「ねぇ、夕鈴、競争しない?」
「競争ですか?」

ミラーハウスで競争って、何を競うのかしら?
普通ミラーハウスってものは入口から入って途中のマジックミラーをよけつつ、
正しいルートを通って出口に出るものよね。
もしかしてここはあのテントウムシのライドの様に、
何かの乗り物に乗らされて恐ろしい仕掛けを体験させられるミラーハウスだったりで、
それをどれだけ耐えられるかを競うとか?
はたまた、お化け屋敷とコラボさせていて幽霊なんかが襲ってくるから、
それを退治してその数を競うとか?
どれもこれも、勘弁だわ。

私は、黎翔さんの言葉からあらぬ想像を巡らせ表情が硬くなる。
それを見ている黎翔さんの口元に笑みが浮かぶ。

「夕鈴・・・・・何を想像しているのか何となく分かるけど、幽霊は出てこないよ」
「それは良かったです」

私はホッと安堵の息を吐き出す。

「フフッ、夕鈴ってホント可愛いよね」
「お褒めいただき、光栄です・・・でも競争って何ですか?」
「実はね、ここのミラーハウスは普通のモノとはちょっと違うんだ」
「違うって何がですか??」
「ほら、ご覧よ」
「あっ、ホントですねっっ!入口が二つだわ」

私は言われた通り入口を見ると、可愛く装飾された入口は二つあって訪れた人を誘っていた。

「うん、ここはそれぞれの入口からはコースが違っていてね。
途中では合流出来るんだけど、ゴール間際で合流するんだ。
だから競争しようよ!どっちが先に相手を見つけられるのかをね」
「競争ですか?イイですよ!私負けませんから」
「じゃあ、後でね」

そう言うと、黎翔さんは鏡の国の入口へと身体を滑らせた。
私も慌てて違う入口から
中へと駆け込んだ。


******


「ミラーだらけ・・・・」

私は右手で鏡に触れながらゆっくり進んでいく。
ミラーは綺麗に磨かれていて、行く先がミラーなのかそうではないのかが直ぐには判別できない。
だから手で探っては鏡が途切れた先を曲がり、また鏡に触れる。

それを何度も繰り返す。
何度曲がったのか?
もう忘れてしまったくらい曲がったと思う。
でも行く先にはミラーが広がるばかりで、まだ黎翔さんには会えない。

胸の奥にチリッと微かに湧き上がる不安。
ホントにこの道で大丈夫なのか?私は心配になってくる。
実はこの先は行き止まりで、このミラーハウスに捕らわれて永遠に抜け出せなくなるような感覚に襲われる。

当たり前のことだけど、見えるモノは鏡だけ。
周りの鏡に自分の姿が写り込み、無数の『私』が生まれる。
そしてその『私』は『私』を見詰めている。
自分に凝視されて、私は身を竦めた。
そんな私に『私』は問いかける・・・・『この道は正しいの?自分が選ぶべき道なの?』と。
『この道』は、ただ暗にミラーハウスの事を指しているわけじゃない。
それは『私』には分かっていた。
黎翔さんとの事。
だって私はただの小娘で、黎翔さんは大企業の社長・・・こうして恋人になった今でさえも常に不安は付き纏う。
でも『私』は答えられない・・・『正しい』とも『間違い』だとも。
だから『私』は黙ったまま、兎に角歩を進めた。

だって恐怖に押しつぶされそうになるから。
まるでこの世界に私一人きりで残された気分を味わされている。
静かで、綺麗な透明無色の世界。
そこには誰もいない、黎翔さんでさえ・・・・。
私は、両手を胸の前で組んで不安を取り除こうとした。
その両手は冷えていた。
先程まで感じていた黎翔さんの温もりは泡のように消え失せていた。

私は、ただのちっぽけな『私』だ。
何の取り柄も無い。
だから黎翔さんには・・・・・・似合わない。

考えていると足は止まってしまう。
歩かないと、黎翔さんには会えない。

「早く、進まないと…黎翔さんに先を越されちゃう」

自分を叱咤するように、声を出す。
殊更に声を大きくして・・・・。
カラ元気でもいい。
今は黎翔さんに会うことだけを考えよう。

私は進んだ。
ただ、前に。
兎に角、前に。
力強く踏みしめて。
心の中で、黎翔さんの笑顔だけを思い描いて。



「夕鈴っっ!!」

声が聞こえる・・・・・。
私を呼ぶ声。
大好きな低めの声音。

「黎翔さん!!!!」

私は声を出して、自分のいる位置を黎翔さんに知らせた。

ここにいるの。
私はここにいるの。
だから、早く。
早く私を捕まえて!

急いで曲がった角の先に、佇む黎翔さんがいた。
両手を広げて、私を迎え入れてくれている。

「僕の勝ちだね」

そう言って笑った黎翔さんの笑顔が眩しく見えた。
私の瞳には涙の膜がうっすらと張っていた。
でも零れることは無かった。
だって、黎翔さんが私をギュッと抱き締めてくれたから。

胸の奥で『私』が問う・・・・『この道でいいの?』と。
『私』は答える。
『今は、このまま真っすぐに進みたい』と。
それは願望と決意の言葉。




続。





********

復活、第1話目はこの話でした。
正直新作ではないのですが・・・・・最近書いてないので、書き方忘れてるんです。
ちなみに『奇跡の欠片』を書き掛けて、書けずに断念したのでこちらの手直しをしてみました。
この話は元の話がありますから結構すんなり書けたので、
まずはこちらをUPします。
まぁ、ボチボチ書き方を思い出しながら書いていこうと思います。


お付き合い、有り難うございました。

瓔悠。

スポンサーサイト
つらつらと・・・0128
こんばんは!!!


福岡にも先日雪がやって来ました。
久々の雪で、子供たちは喜んでましたが。
大人はそうもいかず。

『大雪になる』と何日も前から報道されていたので、
仕事先のスーパーは連日お客さんの多かったこと。
更に一人当たりの籠の中身の多かったこと。
はぁ~~~いつも以上に疲れました。
そして私も買い置きを実行!!!
いつもよりも冷蔵庫の中身が潤ってました。

そして実際、私の生息地も雪は積もりました。
日曜日が一番ひどくて、辺り一面銀世界。
子供たちはご近所のお子さんと何年かぶりの雪遊びをしてました。
そして月曜日の朝まで雪はありましたが、
お昼にはほぼ解けて夕方にはノーマルタイヤでの運転も出来ました。

でも福岡の中には、今日もまだ雪の影響から断水している地域もあり・・・。
本当にこういう時は自然の前では人はどうにもできない事を思い知らされますね。
雪国の方から見れば、こんな雪でアタフタしてるなんて!でしょうけど。
ホント普段雪なんてめったに積もらない地域に住んでいると、
少々の雪でも混乱するものです。

断水なさったり、現在も断水している地域にお住まいのゲスト様には
お見舞い申し上げます。
早く復旧すれば良いのですが。

そして私が福岡在住であることはこちらでも公言しているので、
一部のゲスト様からご心配くださる連絡を頂いたりコメントを頂いたりと・・・。
本当に有り難うございました。
こうして皆様と交流出来ていることは、私にとって何よりの宝物だな~と思うのですが、
今回はいつにもまして思いました。

私は元気です。
本当にご心配、有難うございました!


さてさて、

漸くこちらのブログの復活の兆しが見えて参りました。
明日くらいには、お話もUPできそうです。

書きたい気力も戻りましたし、時間も少し取れそうです。


原稿も少し進めたいですし・・・・。
(結局オフ本は2冊作ることにしました。
特にイベントなどの出品予定もないので、
ゆっくりと作って予約通販販売という形式にしようと思ってます。
また現実味が帯びて参りましたらこちらでお知らせいたしますね。
って言っても・・・・通販希望の方がいらっしゃるかどうかは分かりませんけれど)

さぁ~~て
何から書こうかな。
いっぱい書き掛けはあるんだよね。
フフフ。

その前に今日旦那様を迎えに行ったときに
漸く購入した本誌を今晩の内に読むことから始めましょうかね~~。

そして明日は息子の中学校入学説明会があります。
いよいよ息子の中学準備をしないといけないようです。
どれくらい掛かるのかな???
まずは体操服とかの注文も明日あるらしく・・・・戦々恐々です。
諭吉さんとどれくらいお別れすればいいのかしら????



それでは、ゲストの皆様
今後ともお付き合い宜しくお願いいたします。


瓔悠。





生存確認。
こんばんは。
またまたご無沙汰です。


気が付けば、もう1月も終わろうとしてます。
なのに・・・今月はまともに話を1話も書いてません。


これでいいのか???
いかんだろ!!!

ただ・・・
毎日、何かと忙しくPCを開かない曰が幾日も。
更に最近まで年末から引きずっていた体調不良に悩まされ・・・あっ、でも体調不良は先週末くらいにようやく解消しました。

そんな感じで、毎日気がつけば一日があっという間に過ぎ去っているのが現状です
でも一応生きてます。


近々、復活します!!!
もう少しお待ちくださいませ。



瓔悠。






アンケートありがとうございました
おはようございます

17日まで行っておりましたアンケートに参加くださったゲスト様、誠にありがとうございました。
50人以上の参加で、正直私はビックリいたしました。

まぁ、15人でも答えてくださったらいいな~くらいで思っていましたから。
結果は私の指針にさせていただきますね。

っていうのも・・・・・・・
実現するのか?が正直まだ分かりませんが、
現在オフ本を作り始めているんです。

で、どちらかの話を完結させて本にするならばどちらがいいのか?がわからなくて
アンケートを取らせていただいた次第なのです。

・・・・・ところが。
とてもありがたいことに両方とも!!とおっしゃる方が多くて。

ならば、
二つの話を1冊にする??とか、結構無謀なことを思ったり。
もしくは2冊作る??とか、更に無謀なことを思ったり。

と、野望だけは膨らんでます。


まぁ、どうするか?は、私の活動時間によりけりですが・・・。

それでもこうして続きを望んでくださるゲスト様に
お返しするべく、頑張ろうとは思ってます。


それでは、誠にありがとうございました。


アンケートはそちらにコメントくださったゲスト様もいますので
私が返信するまでもうしばらくUPしたままにしておきます。



瓔悠。








追伸。

現在私にリアのことで
ご心配くださっているゲスト様
本当にありがとうございます。

お陰さまで、昨日の手術は無事に終わりました。
でもまだ掛かりそうですので、私もこちらで息抜きしながら
リアのことも頑張っていこうと思ってます。

しばらくこのまま更新がなかなか出来ないこともありますが
どうぞ、よろしくお願いいたします。



アンケート実施します。(終了いたしました)
こんにちは!!

またまたご無沙汰してます。
実家の父の入院などで、かなりリアがドタバタしていて
治りかけていた咳も一昨日の晩からぶり返して、
かなりしんどい状況です。

中々更新出来なくてスミマセン。
気力・体力不足は否めません。


まぁ、そんな中
すこ~~し、したいことが出来たんです。
で、
ご迷惑かもしれませんがアンケートを実施したくて・・・・。
ご協力をお願いしたいです。

え~~と。
う~~んと。

下記作品の続きが読みたい!と思われたゲスト様。
宜しければ、アンケートにポチリしてください。
作品は二つあります。
二つともか?どちらか一方か?
それはゲスト様のご意向でどうぞ。
どちらも続きは読みたくないとなれば、
アンケートは不参加で大丈夫です。

申し訳ございませんが宜しくお願いいたします。



『想いを乗せて走り抜け!』
・・・・・臨時妃設定



今、素直な気持ちを言の葉に乗せて、伝えるよ。
―――君の笑顔に逢いたいんだ、だから。


**********

それは、突然やってきた――。

青い空とゆっくりと流れいく雲とを芝生で寝転んで眺めておくのが丁度良い様な穏やかな良く晴れたある日の午後。
そんな平穏を切り裂くように、緊迫した表情で外窓から入って来た浩大。

「へーか、今回のはマジでヤバい!!」
「・・・・わかった。」

黎翔は、その一言だけ発すると向かう足は勿論夕鈴のいる後宮。
その背中に、李順はいつもの言葉を発する事はなかった。

着く早々に侍女達を下げて、二人きりになる。
黎翔の堅くなった表情から、ただ事が起きたのではないと言う事位夕鈴にも理解できた。

「ゴメン、夕鈴。此処はちょっと危険になると思うから避難していて欲しんだ。」
「避難??此処って後宮が・・・ですか?」
「いいや、後宮も・・・なんだ。」
「も?」
「王宮が一番危ないんだけど、後宮も十分危ないと思うから。」

黎翔は唇を噛みながら、悔しさを吐露していた。
その様子をみた夕鈴は、ここで私が足手まといになっては申し訳ないと此処を離れる用意をし始めた。

「陛下!!私は大丈夫です。帰るべき場所に戻るだけですから。」

今出来る精一杯の笑顔を見せる・・・・だけどそれはきっとぎこちない笑顔。

―――きっと私を王宮から出す位だから、今からきっと大変な事が起こるんだわ。
陛下は大丈夫・・・よね、怪我なんてしないわよね。

不安が胸一杯になる前に、一つだけ黎翔に尋ねる。

「また、逢えますよね?」
「君がそう願ってくれるなら。」
「陛下、何が起こっているのかは分かりませんが、怪我なんてしないで下さいね。」
「大丈夫だよ。」

夕鈴は今度こそ安心させる笑顔で、その部屋を辞したのだった。
その後ろ姿を、唇をかみしめながら見送る黎翔の背中には怒りの炎が立ち昇っていた。
其れを黎翔の更に後ろからそっと見ていた浩大は、身震いをしながらこれからの予想図を描いていた。
早くこの事態を収めないと陛下の激情はあらぬところに被害を撒き散らしてしまう・・・と。

*****

そっと誰にも見つからないように王宮から辞した夕鈴は人目を避けながら転がるように走り抜け、早々に下町の外れに着いたのだった。

そこで初めて足を止め、息を整える為に大きく深呼吸した。

続。




『月に祈りを太陽に願いを』
・・・・・臨時妃設定


例えば、こんな雨の強い日は思い出す。

願いを。
祈りを。
・・・そして私の想い全てを覆い隠したあの日の暗雲を。
強風に巻かれ、飛び去ってもう捕えることは出来ない。

伝えたい。
でも伝えられない。

貴方への果てない想いと____揺れる想い。
あの時の事はきっと恐らく忘れない・・・・・・・。


******


外では叩きつけるような大粒の雨。
バケツ・・・いやタライを一気にひっくり返したくらいの土砂降り。

きっと、政務室では忙しく洪水対策に追われているんだろうな・・・・。
ボンヤリと思うのは政務室での陛下の颯爽とした姿だけ。
テキパキと指示をだして、大きな被害に繋がらないようにと全力で当たられている姿。


それにしても雨・・・早く止まないかしら。
外の音も全て消え去るよう激しい雨音。
だから、ここに誰かもしれない人がいたことを夕鈴は気づきもしなかった。

「お前が狼陛下の妃だな!!!」

雷鳴と光る稲光と共にやってきた怪しげな影。

「誰??」

窓際の長椅子から反射的に立ち上がり、毅然と侵入者に対峙する。

「お前さえいなくなれば、万事上手くいくんだ!!!」

襲いかかられ右手頸を強く握られ、更には相手の腕で腰を強く取られ身動きが取れなくなる。
逃げることも、相手に応戦することもかなわない。

「誰か!!!!浩大!!!」

信頼のおける隠密の名を呼ぶが、打ちつける雨音に掻き消されて届かない。
回りを見渡すと怪しい集団は、傍にいた侍女達を次々に意識を奪いさって動けなくしていた。

「ちょ、ちょっと!!!侍女さんたちになにするの!!!」
「大人しくして貰っているだけさ。」

ギラギラした濁った瞳で勝ち誇る男。

「だ、だいじょうぶなんでしょうね!!!!」
「勇ましいもんだな。安心しな、眠って貰っているんだよ!」
「私を離して!!!!!」
「離せるもんか!アンタを殺ったら、たんまりと礼を貰えるってのに。
まぁ、ここでは殺らないがな。」
「嫌よっっ!どうして私が殺されないといけないのよ!離してっっ」
「全く煩いオンナだな!少々黙ってもらうとするか。」


『ドンッッ』

男は手頸を掴んでいた手を離し、そのまま鳩尾に拳を強く押し当てる。

「へ・・・・・い・・・か。」

夕鈴の意識は殴られた衝撃で、靄がかかったように回りの景色と共に闇に取り込まれていった。

「ほらっお前ら、ここじゃ直ぐに見つかるから、さっさと運ぶぞ!!!」

オトコの肩に担がれ、夕鈴の姿は後宮から忽然と消えた。
そして・・・・後宮で起こった異変が黎翔の元にもたらされたのは、
激しい雨が少し小ぶりとなった一刻ほど後の事だった。

続。




それではアンケート実施します。
宜しければご協力下さいませ。









アンケートは17日を締め切りとしています。
その後こちらの記事は下げさせていただきますね。


瓔悠。





その後・・・・
こんばんは!!


3日にご挨拶をUPした後、コメントいただいているにも関わらず
音沙汰無しで失礼いたしました。

ご心配いただくコメントや新年のご挨拶のコメントは、
大切に読ませていただいてます。
本当に有り難うございます。

さて、私事ですが・・・・年末から調子が悪くて、
市販の風邪薬を飲みつつ年を越したのですが
その後も治るメドも無く、ついに病院に行きました。
それというのも、咳がひどくて夜も中々熟睡できなくて根を上げたんですよ。

で、
病院に行き、症状とこれまでの経緯を話すと
先生は『風邪にしては長すぎるし、喉が痛くて咳が出るけど熱は無し。
更には鼻水などほかの症状も殆ど無いなら風邪はどうかなぁ~~』と血液検査と尿検査もしてもらいました。
が、やはり風邪の時の数値では無いらしくて。
・・・・結果!『何か害のあるものを吸い込んで炎症をおこしたのでは?_』となりました。
考えてみれば、年末・・・・・・職場で床を拭いたモップが異臭を発して、色々何種類ものスプレーをレジの付近に沢山振りまいてました。
あれを4時間も吸い込んでいたのが、原因のような気が。

全く傍迷惑な話です。
あれのお蔭で(多分ですが・・・)何日も咳に苦しんでいるんですから。

でも病院から頂いた薬のお蔭でかなり咳も少なくなり、ガラガラ声もほぼ元通りになりました。

これでようやくブログも再開できそうです。
身体の調子が悪いと何もする気力がなくて・・・・1日中、PCすら開かない日もあったんです。
普段なら有り得ないことです!!!
自分でもビックリしましたからね・・・・・。

新年が明けてもう10日ほど経ってしまいましたが、
漸く活動開始です。


ただ、リアの方で少し問題が起こってまして・・・・・
ドタバタしている上、ちょっと落ち込んでますので
更新が滞ることも有るかもしれませんが、
なるべくブログの入口は閉めないように頑張りますので
どうぞ温かく見守っていてくださいね。


それでは、どうぞ宜しくお願いいたします。



瓔悠。

明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。

2016年も始まって3日が過ぎ去ろうとしています。
ゲストの皆様、如何お過ごしでしょうか?


私は、風邪が全く治らず・・・・・咳のし過ぎで頭痛に悩まされてます。

キチンとしたご挨拶は明日以降にさせていただきます。


それでは、おやすみなさいませ。


瓔悠。


プロフィール

瓔悠

Author:瓔悠

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ。
ごゆっくりどうぞ。
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる